WooCommerce公式 | 予約プラグインWooCommerce Bookingsの使い方

WordPressの決済システムプラグインといえばWooCommerceですね!

WooCommerceは決済が柔軟なのでとても使いやすいです。

今回はそのプラグインの中でも予約システムと連動する方法を書いていきます。

 

一般:予約機能の設定について

一般:

予約期間などの枠組み

 

費用:

場所代や予約単位での課金設定

ブロック費用は予約1枠にかかる費用のこと

費用を表示はいくらから購入できるかをFrom〜で表示する

範囲追加すると予約期間に応じた料金を追加設定できる

利用状況:

受付可能なスケジュール、予約間の空き時間設定

予約期間をCustomer defind block ofと選択して予約可能にする

最短から最長期間の日にちを指定して、カレンダーを常に表示クリック。

予約カレンダーを操作する

ブロックごとの最大予約数は1つのブロックに何コマ予約を入れられるようにするか

予約可能な最大ブロック数でどのくらい先の予約まで可能にするかの設定をします。

範囲追加で予約の取れない日時を指定する

 

 

大人、子供などの料金形態

 

基本料金:人数ひとりずつ加算していくなら0に設定

ここの数値が設定されていると、予約につき自動的に加算されているので場所代などの固定費につかっていきます。

リソースをブロック:人数ごとに加算していくなら一人当たりの金額

ひとつのブロックごとに加算されていく数値なので、人数によって金額を加算させたいときはこちらの金額を設定していきます。

リソースでユーザーごとの価格、予約可能な日時を変えていく

 

有料プラグインを認証して本稼働へ