[Luxeritas]プラグイン無しで目次を表示

SEO的に目次が注目されつつあります。ユーザ目線に立つと目次があるのは必要な情報がそのページに有るかどうかの手がかりにもなりフレンドリーです。

WordPressでは目次を表示する便利なプラグインがたくさんありますが、Luxeritasならデフォルトでその機能がついてます

Luxeritas(ルクセリタス)ならデフォルトで目次機能がある

Luxeritasはプラグインを使わなくても設定することができます。
では早速見ていきましょう

Luxeritas(ルクセリタス)目次設定方法

Luxeritas カスタマイザー WordPressのテーマカスタマイズするよのブログ WordPress

Luxeritas > カスタマイズ(外観)をクリック

カスタマイズ WordPressのテーマカスタマイズするよのブログ WordPressのテーマカスタマイズについて記事にしています

左メニューに目次という項目があります
それをクリック

カスタマイズ WordPressのテーマカスタマイズするよのブログ WordPressのテーマカスタマイズについて記事にしています

一番上の
「自動で目次を挿入する」にチェックを入れて保存すると、目次が自動で表示されるようになります。

おすすめの目次設定

上記ですw

考えのベースは

ユーザーが目的の情報にたどりやすく快適

ということなので
AMPでも表示されるのが良いかなと思っています。

表示するポストタイプは投稿でも固定でも上記考えに当てはめると必要です
目次にする見出し階層は細かすぎると、ユーザーにとっては分かりづらくなるのでh3くらいまでが理想かなと思います。逆に深くなりすぎるようならページ構成を改めるべきです。

後は下にテキストや色などの設定もありますが、サイトに合わせて変更してみてください。

デフォルトとプラグインどちらが良いか

有名ドコロですと

Table of Contents PlusEasy Table of Contentsがあります。

個人的にはLuxeritas標準のデフォルトの目次を使用することを第一に考えるべきだと思います。

理由は

  • テーマのアップデートに伴って目次機能も見直されるので、互換性の不具合を自分で直さなくても良い
  • 速度的な考慮もされている(はず、少なくともプラグインよりは)
  • プラグインは問題の元凶。使わないに越したことはない

という感じです。

デフォルトだとカスタマイズができないのではないか

見た目部分は子テーマのcssから変更できるので、デフォルトで問題ありません。
これはプラグインでも同様なので、差異はないですね。

機能面の場合に差が出てくると思います。

プラグインだとプラグイン自体のソースをいじることになり、アップデート時に上書きされてしまうので実用的な方法ではありません。というか、プラグインをカスタマイズしようとする人は少ないと思うので、自分の欲しい機能があるプラグインを求めて彷徨うことになり、結構つらいことになります。。

Luxeritas(ルクセリタス)だとテーマ内にソースがあるので機能面で追加したいものがある時も、(コードが書ければ)子テーマからできます。

といってもこちらも自分でコードが書けてカスタマイズするのはなかなかレベル高いです。

なので、結論をいうと

カスタマイズはしない、あるものを有効に使う

です。

それでもどうしてもこんな機能をつけたいというのがありましたら、コメント下さい。
できそうなら追加したものを記事にしてみます

まとめ

Luxeritasの目次機能は必要最低限をしっかりカバーしています。

これ以上のなにか機能を追加したいという時は、一度

本当に必要か
昨日を追加することがユーザーのためになっているか

を考えるきっかけにしてみてもらうと良いと思います。

これからのSEOでは目次が大事になってきそうなので、他のテーマでもデフォルト化されるかもですね。